株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

ドメイン名を取得する利点と欠点

      2014/10/31

シスアナコム社長の杉山です。

最近は週末に時間があれば、ひとことを書こうという気になっています。

別の場所ですが、かなり前からブログを書くのが習慣になっています。

文章を書くのが面倒なのではないので、できる限り更新するつもりです。

さて、今回のひとことは、ドメイン名について書こうと思います。

最近、久しぶりに仕事でドメイン名を取得する機会がありました。

実際問題、ドメイン名って取得したほうがいいのか、それとも必要ないのかについて書こうと思います。

ドメイン名とは

ドメイン名とは、コンピュータの住所のようなものです。

インターネットに接続されているコンピュータ同士は、IPアドレスという番号で通信を行っています。

IPアドレスという番号は数字が並んでいるだけなので、人間にはとても分かりにくいもの。

そのため、もう少し人間に分かりやすい名前を付けました。

それがドメイン名。

弊社の場合だと「sysana.com」です。

「.com」の部分はトップレベルドメインと言います。

昔からあって誰でも取得できるのは「.com」、「.net」、「.org」など。

国の名前を短縮して国ごとに登録できるものもあります。(日本なら「.jp」)

それ以外にも、最近は、いくつかのトップレベルドメインが増加中。

その理由は、ドメイン名の登録が早い者勝ちだから。

コンピュータに割り当てられた番号を検索するための名前なので、同じ名前を登録することはできません。

例えば、昔から利用されている「.com」ドメインの場合、すでに5文字以下の短い名前はほとんど登録済みと言われています。

そのため、トップレベルドメインの数を増やすことで、同じような名前のドメイン名を取得しやすくしているのです。

ドメイン名を取得する利点

利点1:分かりやすい名前を確保できること

分かりやすい名前は、いろんな人が欲しがります。

商標と同じ。

弊社のドメイン名は取得してから10年以上経過していますが、譲って欲しいという連絡を受けた事は何度もあります。

スクワッターと言って、事前によく使いそうな単語のドメイン名を取得しておいて、高価に売りつけるなんて事をやっている人もいます。

中古ドメイン名を売買する市場もあるようです。

ドメイン名という文字列そのものに価値がある場合があるという事です。

その2:メールアドレス

ドメイン名は、ブラウザによるウェブサイトの検索だけではなく、電子メールのやりとりにも利用されます。

よって、名刺に記載するメールアドレスも分かりやすくて格好良くなります。

ドメインを保有し続けている限りメールアドレスが変わらないので、何年たっても連絡が取りやすいというのも利点。

携帯メールだと契約している会社を変更するとメールアドレスが変わってしまいますよね。

その3:電話で伝えやすい

経験上、簡潔なドメイン名だとホームページアドレスやメールアドレスを電話で伝える事ができるのは、意外に都合が良いです。

まだまだメールよりもまずは電話で一報という企業が多いのも事実。

余談になりますが、一昔前の個人向けホームページによく利用されていた「~」(ちるだ)という文字を電話で伝えられず、FAXで送ったにもかかわらず入力するのが難しくて困ったという話を聞いたことがあります。

その4:利用するサーバの変更

利用するサーバを変更することが楽になるというのも利点です。

弊社のサーバはさくらインターネットを利用しています。

年間たった5000円でワードプレスを使えて、とってもお得だと思います。

現時点では、とても満足して利用させてもらっています。

しかし、もし将来的に、より良いサービスを提供してくれる会社が出てきても、ドメインの設定を変えるだけで簡単に乗り換えることができるのです。

ドメインを利用していない状態で利用するサーバを変更するなんて、どれだけ連絡が大変になるか想像するのも怖い。

その5:企業であることの証明

「co.jp」ドメインを使っていると、日本の企業だという証明になるのも利点だと思います。

弊社のような「.com」ドメインではダメです。

ドメイン名を取得する欠点

お金がかかること。

それだけ。

ただし、昔はドメインの利用料は結構高かったのですが、最近は格段に安くなっています。

ドメイン名の種類と管理会社によって、維持費用は異なります。

弊社が利用している「お名前.com」という会社の場合、「.com」ドメインで年間1000円弱。

「co.jp」ドメインはもう少し高価ですが、それでも年間3~4千円程度です。

以前は取得の手続きが面倒という欠点もありました。

でも最近のドメイン管理会社は手続きがほとんどネットで完結するので、かなり楽になっています。

結論

企業の場合だと、ドメインの維持費用程度の金額が払えないんじゃ、信用問題です。

企業なら絶対に何らかのドメイン名を取得して下さい。

個人でも利点は多いと思いますので、費用対効果を考えて、取得しても悪くはない思います。

ずっと個人でドメインを確保しておけば、離職しても、何度転職しても、フリーになっても、連絡先は変わらないのです。

ドメイン名利用料が年1000円ぐらい、サーバ利用料がさくらインターネットのライトプランで年1500円が高いと感じるかどうかだと思います。

どうでもいい余談

どうでもいい余談なので、読みとばして頂いて結構です。

以前、ITコーディネータという資格を持っていました。(今はその資格は返上しました)

その中のある団体の会合に、何度か参加させてもらったことがあります。

その際に、団体でドメイン名を取得したらどうかという話がありました。

なんとITコーディネータの皆さんは、ドメイン名なんて必要ないという考えの方が多かったのです。

サーバ名が何でも、インターネットで検索すれば出てくるんだから、ドメイン名なんて必要ないとのこと。

私が参加した団体がたまたまそうだったのかもしれませんが、本当に驚きました。

その団体の中では、私は若造だったので何も言わないで黙っていました。

ITのプロでさえドメイン名に対する知識はその程度なのかと思ったことが、このページを書くきっかけになっています。

では。

 - ひとこと, ひとこと(レンタルサーバ), ひとこと(情報化)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です