株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

情報システム部門における退職への対策

      2014/06/11

概要

  • 不況にも関わらず、情報システムに精通している人材は、流動が激しい。
  • そのため、退職への対策を事前に検討しておく必要がある。
  • 対策は、「退職されないようにする」か「退職されてもなんとかする」のどちらか。

不況にも関わらずIT関連は人材不足

まだまだ不況ですね。

「過去最高の失業率」を更新中だそうです。

来年こそは回復してほしいですね。

世の中は不況ですが、情報システムに関する業界はどうでしょうか?

確かに大手メーカが数千人規模のリストラを行っているところを見ると、相変わらず不況みたい。

しかし、求人情報のサイトなどを見るとよくわかりますが、情報システムに精通している人材は非常に不足しているようです。

特に不況の時ほど、人材を育てる時間もお金もありません。

そのため、中途採用を行う企業が増えてきました。

中途採用なら、即戦力になる人材を容易に採用できます。

退職による損失

中途採用する側の企業はいいでしょうが、引き抜かれる側の企業にとってはいい迷惑。

情報システムの「管理」や「運用」に携わる人であれば、仕事の内容がマニュアル化されていれば、別の人でもすぐに対応できるかもしれません。

しかし、情報システムの「企画」や「開発」や「保守」と言った経験やノウハウが重視される業務は、すぐに別の人が交代できるというものではありません。

貴重な人材に転職されてしまったら、大きな被害を被ることになります。

例えば、情報システムの「企画」や「開発」ができるようになるためには、少なくとも2~3年ぐらいの経験が必要でしょう。

この業界で2~3年といえば、本当に長い時間です。

情報システムに関連する技術は、2年もたてば全て変わってしまう可能性があります。

会社によっては、情報システムの構築が2年遅れたら致命的になるところもあるでしょう。

とは言っても、転職は本人の意思ですから、「会社を絶対に辞めるな!!」と言うことはできません。

そこで対策が必要になります。

「退職されないようにする」か「退職されてもなんとかする」の二つに一つです。

退職されないようにする対策

退職されないためにはどうしたらいいでしょうか?

答えは簡単。

働いていて「楽しい」と思ってもらえればいいのです。

答えは簡単ですが、実際は難しい面もあります。

情報システムの企画や開発に携わる人たちは、「頭脳労働者」です。

「頭脳労働者」は仕事に対して「働きがい」を求めます。

例えば、以下のようなことが有効でしょう。

  • 重要な情報システムの構築を任せる
  • 失敗しても次のチャンスを与える。
  • 楽しく働くことができるような環境を用意する。
  • 無理な残業を要求しない。
  • 意見を尊重して、計画や業務に反映させる。

これらの条件が満たされていれば、金銭(給与)に関してはそれほど重要ではありません。

ほかの社員と同じか、少しいいぐらいで十分だと思います。

退職されることを前提とした対策

退職されないようにするという対策は、残念ながら「大手の」、「伝統的な」、「日本的な」会社には、難しいと思います。

「仕事が楽しいなんてとんでもない!!」という会社も多いでしょう。

このような場合は、退職されることを前提とした対策が必要になります。

まず、情報システムの開発責任者には信頼できる(退職しそうもない)人を選定しましょう。

開発途中で責任者に退職されたら大きな被害が出ます。

可能ならば、予算を組んでメーカに外注しましょう。

外注することができない場合は、必ず2人以上で情報システムの構築作業をやらせるようにしましょう。

次に、現状の全ての業務を、できる限り文書化しましょう。

部下から上司への報告は必ず文書で、かつ、定期的に行わせるようにします。

ある程度、業務内容が文書になっていれば、突然退職されてもなんとかなる可能性は高まります。

最後に、開発したプログラムにはコメントを大量に入れさせるようにしましょう。

「プログラム」は個人の能力に依存しています。

ある人が作成したプログラムを他人が見て理解するためには、仕様書以外にプログラム中のコメントが重要なのです。

退職されることを前提とした対策は、どうしても痛みが伴います。

うまくやらないと「連鎖退職」を引き起こしますので注意しましょう。

 - ひとこと, ひとこと(情報化)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です