株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

情報機器の発熱は大丈夫?

      2014/06/11

概要

  • コンピュータやネットワーク機器にとって、熱は天敵です。
  • 本格的に夏を迎える前に、しっかり点検しましょう。
  • 光ファイバは電気的なノイズには強いですが、熱には弱いものです。
  • 熱暴走や火災を起こさないように注意しましょう。

冷夏でも発熱対策

今年は冷夏ですね。

今日も外は雨...いつになったら梅雨明けするのでしょうか。

私は早く梅雨明けして欲しいと思っていますが、東京電力の関係者の方々にとっては、ほっと一息と言うところでしょう。

なぜなら、今年は原発事故隠しの影響で、節電しないと電力の供給が困難になりそうだからです。

たぶん、このままなら大丈夫でしょう。

東京電力では、やたらとCMを使って「冷房温度を28度に設定しましょう」と訴えて続けています。

でも、コンピュータやネットワークを管理している方々には、冷房の設定温度を上げる前に確認すべきことがあるはず。

コンピュータやネットワーク機器にとって「熱」は天敵。

発熱対策、大丈夫ですか?

コンピュータやネットワーク機器の周辺をチェック

まず、パソコンやサーバが机の下に埋もれている場合は、筐体が熱くなっていないか確認してください。

もしそうなら火災の原因になるかもしれません。

この場合は、パソコンの周りの書類を整理して通風口を塞がないようにしてください。

そして通風口の塵を掃除機で吸い取りましょう。

次に、忘れがちですがネットワーク機器も意外に熱くなります。

最近のハブやルータは、だいぶ消費電力が少なくなってきました。

先日購入したスイッチングハブの最大消費電力が、たった4ワットだったのには驚きました。

でも、ちょっと前に購入したハブやモデムなどは、かなり熱くなるものも多いのです。

特に、ネットワーク機器の形は弁当箱みたいなのが多いので、積み重ねて設置してあることが多いでしょう。

この場合は本格的な夏を迎える前に必ず点検して下さい。

もし、かなり熱くなっていたら買い換えた方がいいです。

最近のネットワーク機器は、かなり安価ですから。

以下に、私が勤務している会社で起こった発熱に関する事例を3つ挙げますので、参考にしてください。

溶ける光ファイバ

私が勤務している会社のLANでは、光ファイバを利用しています。

もちろん、全て光ファイバでLANを構成できるわけではなく、幹線の部分のみです。

幹線の光ファイバを通常のネットワークケーブルに変換するためには、光ファイバ対応のハブを使うか、メディアコンバータという機械が必要になります。

光ファイバ対応のハブはまだ非常に高価なので、メディアコンバータをいくつか利用しています。

ところが、この機械を積み重ねて設置していたら、すごく発熱してしまい、光ファイバの先端が熱で溶けて通信できなくなってしまいました。

設置してある場所は、空調が24時間ガンガンに効いている場所です。

環境が悪いということはあり得ません。

メディアコンバータの説明書を読んでいると、「積み重ね禁止」と書いてありました。

そこで、設置した業者に文句を言いました。すると「どこの会社でも積み重ねていて、こんなことは初めてだ」と開き直られました。(怒)

業者には光ファイバのコネクタ部分をやり直させ、メディアコンバータは全て横並びに変更させました。

光ファイバは電気的なノイズには強いのですが、熱には弱いのです。

熱暴走するハブ

ある日突然、社内LANの一部ネットワークの通信が変になりました。

その症状は、PINGを打つと4回の内3回ぐらいしか返ってこないというものです。

ネットワークが非常に混雑していると、これに似た症状になることがありますが、特にそのような状態でもありません。

よーく調査した結果、あるハブの特定のポートの動作がおかしいというものでした。

この障害が発生したハブは2000年に製造されたスイッチングハブで、積み重ねた状態で使っていました。

消費電力は24ワット。

触れた瞬間に「熱い」と感じるぐらい発熱していて、裏側を見るとゴム製の足が溶けかかっています!

こりゃ明らかに熱暴走だ...ということで、新品のハブと交換しました。

消費電力が高めの古いネットワーク機器は要注意です。

焦げるターミナルアダプタ

私がある部屋で同僚と一緒に作業していたところ、その同僚が「なんか変な臭いがしない?」と言いだしました。

うん?確かに変な臭いがする...

周辺を調べたところ、異臭のする付近にはダイヤルアップ接続のためのISDN用ターミナルアダプタ3台が積み重ねておいてありました。

その3台の真ん中のターミナルアダプタが、かなり熱くなっています。

そして、よく見ると...プラスチックの筐体が焦げてる!!

急いで横並びに変更して、しばらく様子を見ることにしました。

その結果、横並びに設置しておけば、それほど熱くならないことが分かりました。

そのまま現在も利用しています。

重ねると極端に熱くなってしまう機械もあるということです。

まとめ

本格的な夏はもうすぐそこです。

早めに点検しておいて損はありませんよ!!

 - ひとこと, ひとこと(情報化)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です