株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

情報システムの2015年問題を考える

   

もう2015年になっていますが、IT業界で課題になっている話があります。

それは、「2015年問題」

以前話題になった、「2000年問題」とは全く違います。

概要

  • 2015年問題とは基幹系IT技術者が大量に不足する可能性が高いという問題。
  • 生産年齢人口の減少と団塊世代の大量退職も影響している。
  • 更に若者は基幹系ITよりもゲーム/ウェブ系ITを選択する。
  • 予定を変更して大型案件を調整することが最大の解決策だが、大人の世界では難しい
  • 人数や予算を増やしてIT人材を高度化することが現実的な解決策か。

2000年問題とは

もうかなり前の話ですが、2000年問題という言葉が話題になったことがありました。

西暦2000年になるとコンピュータが誤動作をして、日本中が大混乱するのではないかというお話。

今では考えられない事ですが、以前の大型コンピュータは少しでも情報量を減らすために、年の情報を2桁で保有していましたので、2000年になれば誤動作するのは当然。

ですが、日本中を大混乱させるというのは大げさで、実際には数多くのIT技術者の力により、多数のプログラムが事前に修正されたので、2000年になった時は特に大きな問題は発生しませんでした。

2015年問題とは

2015年問題では、何かコンピュータシステムに誤動作が起こる可能性があるという話ではありません。

単純に今年はIT技術者が不足する可能性が高いという話ですので、一般の皆さんはご安心下さい。

2015年から始まる巨大情報システム関連案件

スケジュール通りに行けばという仮の話ですが、今年から来年にかけては大型基幹系システムの構築案件が目白押し。

最大の案件はマイナンバー制度

全ての日本人と全ての企業に番号を付与して、これに基本的な情報だけでなく、銀行口座、証券口座、社会保険、納税など様々な情報をリンクして一元的に把握できるようにするもの。

マイナンバーという数字を既存システムの1項目に加えればよいという単純な話ではありません。

マイナンバーの最大の懸案事項は、システム間連携。

お役所同士のシステムだけでなく、民間事業者も巻き込んだ広範囲で安全なシステム連携が求められます。

これだけの規模の情報システム間連携は、たぶん日本では誰も経験したことがないはず。

どれぐらいの予算と人材で構築可能かを予見することは非常に困難だと言えます。

巨大で困難な情報システムになることは間違いありません。

さらに、みずほ銀行が基幹情報システムを刷新中

3社統合したときに、システム連携で旧基幹システムを延命させてしまったため、かなり苦しんでいる様子。

その上、日本郵政グループも基幹システムを刷新

なぜ人手不足のこの時期にと思うのですが、やっぱり上場目的でしょうか。

来年からは電力小売り自由化に伴う情報システムの刷新なども予定されているみたい。

今年からIT関連企業は休む暇がないのではと心配になります。

更なる人材不足の原因

案件が多いという問題だけではありません。

すでに団塊世代の大量退職があり、現状で経験豊かな技術者が不足気味

対して若者は基幹系情報システムよりも、ゲームやウェブ系の面白くて稼げる情報システムを好むので、巨大な業務系システムに興味を示しません。

その結果、2015年問題に対応できる人材が更に不足する事態になっています。

人材不足への対策

現状のスケジュールを変更して、大型案件の稼働時期をずらずのが最大の解決策だと思います。

無理して失敗しても誰も得しませんし、現状の情報システムで困っている人は少ないと思います。

ただし、これは大人の世界では到底無理な話

できる限り頑張ってから、やっぱりダメでしたじゃないと、予定の変更は難しいでしょう。

(結果的にそうなると予想していますが。)

予算はできる限り確保する事。

ゲーム系やウェブ系よりも高い給与を保証して、一時的に人材を集めるしかありません。

ゲーム系やウェブ系の技術者も基幹系システムを経験すると、それはそれで良い経験になると思います。

こんなに何度も同じ要件定義で話が進まないんだとか、こんなに多くの大人が集まって会議するんだとか、こんなに多くの紙を使って資料を配るんだとか...珍しい経験が沢山できます。

もちろん、社内で人材を確保することは必須ですが、増やしすぎてしまうと大型案件終了後に人が余ってしまうので、採用はほどほどに。

既に採用している社員に対しては教育を充実して、様々な案件に対応できるように養成するのは当然のこと。

難しいとは思いますが、社員一人一人のレベルを上げて、少ない人数で最大の効果を発揮できる、強いIT企業を目指しましょう。

 - ひとこと, ひとこと(情報化)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です