株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

現実と繋がるスマホゲームが面白そう。RPG作って欲しい。

   

概要

  • グーグル様謹製のスマホゲーム「イングレス」が人気らしい。
  • 今後も現実と繋がるゲームが増加してくると思う。
  • 誰でも良いので、GPS+RPG+宝さがしゲームを作って欲しい。

イングレスについて

先日、テレビでスマホゲーム「イングレス」の人気が高まっているという報道を見ました。

イングレスはグーグル様謹製のスマホゲーム。

2つの陣営に分かれて、特定の場所を攻防して奪い合って陣地を広げるサバイバルゲームみたいな感じです。

その特定の場所というのが、ゲームの中の仮想世界ではなくて現実の場所というのが最大の特徴。

スマホを持って実際に特定の場所を訪問して遊ぶゲームなのです!!

テレビの報道では、地方自治体が観光の一環として提携しているらしい。

私もダウンロードして遊んでみました。

近所の所沢にも「ポータル」と呼ばれる特定の場所が沢山登録されていました。

ポータルは利用者がグーグル様に申請して許可されれば登録されるので、世界中の様々な場所に存在しています。

残念なのは中途半端に日本語化されているので、英語を理解できないと操作できないことです。

現実と仮想の結合

現実と仮想を結合することで、こんな遊び方ができるのかと驚きました。

自宅や電車の中でスマホを操作してゲームを遊んでいると、とても暗いイメージがありますが、実際の世界にお出かけするゲームには明るいイメージがあります。

現実世界の「特定の場所」を公園などの誰でも行ける広い場所にすれば邪魔になりません。

田舎の公園に重要な場所を設定すれば、それを目的に訪れる観光客も確かに増えそう。

ゲームの製作もグーグルマップとGPSを使えばいいので、それほど難しくないはず。

ただし、実際に訪れる「特定の場所」をゲーム内の情報として登録するのは大変かも。

ある程度の組織力があるゲーム会社でないと、運営は難しいかもしれませんね。

RGP作って下さい。

弊社の技術力と組織力ではとても無理なので、どこかのゲーム会社に作って欲しいゲームがあります。

それはイングレスみたいなロールプレイングゲーム

すでにGPSを利用したRPGは、いくつか存在するようですが、グーグル様のイングレスに並ぶような本格的なものがありません。

モンスターを倒して経験値やお金やアイテムを稼いでレベル上げというのはRPGの定番ですが、違いは実際の場所に行かないとモンスターとの遭遇やイベントが発生しない事。

日本中の色んな公園や場所に色んなモンスターやイベントを配置して欲しい。

日本のゲーマーはRPG大好きだと思うので、やろうと思う人は多いはず。

いくつかの公園を巡らないと攻略できないモンスターとか、歩くと体力が回復するとか、モンスターを倒すと近くのお店の割引券がゲットできるとか、特定の地方にしか存在しないアイテムとか、特定の場所にしか出てこないモンスターとか...

現実世界と仮想世界が結びつくことで、新しい様々なアイデアが出てきそう。

収益面でも広告を表示させたり、体力やモンスター再登場時間を短縮する有料アイテムを作ればペイできそう。

技術的に難しいかもしれませんが、サーバーが必要となるオンライン型のゲームにすれば、多数の人が実際に集まって攻撃しないと倒せないモンスターとか作ることもできそうですし、何人かでリアルパーティーを組めるかも。

さらに、RPGの本質はモンスターと戦うことだけではありません。

宝物の発見や物語の進行も、現実世界と絡めることができればより面白くなるはず。

例えば、特定のレアアイテムを入手すると実際の品物と交換できたり、実際に見た情報を入力しないと解けない謎とか作れるはず。

地方活性化にも繋がるかもしれませんので、ぜひご検討をお願い致します。

 - ひとこと, ひとこと(情報化)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です