株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

GoogleウェブマスターツールにXMLサイトマップを登録する

      2015/04/19

前回、プラグインを使って検索エンジン用のXMLサイトマップファイルを自動的に作成するように設定しました。

今回は、このファイルをGoogleに読み込んでもらうために、Googleウェブマスターツールに登録します。

Googleウェブマスターツールとは

Googleウェブマスターツールとは、Googleアナリティクスと同様にGoogle社が提供している公式ツールです。

Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。

ウェブサイトの情報を登録しておくと、何かウェブサイトに問題があった場合に情報を提供してくれる便利なツールです。

ぜひ活用しましょう。

ウェブマスターツールにウェブサイトを登録する

まずは、Googleアカウントでログインした状態で、ウェブマスターツールにアクセスします。
webmasters01
ウェブサイトのURLを入力して、「サイトを追加」ボタンを押します。

Googleアナリティクスを利用しているのであれば、以下の画面が表示されます。
webmasters02
「確認」ボタンを押します。

すると追加したサイトの所有権の確認画面が表示されます。
webmasters03
「続行」をクリック。

これで、ウェブマスターツールの画面が表示されます。

ウェブマスターツールに登録したサイトのXMLサイトマップを登録する

ウェブマスターツールの使い方については、またの機会にしておいて、早速前回作成したウェブサイトのXMLサイトマップを登録します。
webmasters04
「サイトマップ」をクリック。

以下の画面が表示されます。
webmasters05
「サイトマップの追加/テスト」ボタンを押します。

すると、その上に小さなウィンドウが表示されます。
webmasters06
入力欄に「sitemap.xml」と入力して「サイトマップを送信」ボタンを押します。

以下のような画面が表示されれば成功です。
webmasters07
「ページを更新する。」をクリック。

エラーなどが表示されていない事を確認します。
webmasters08

検索エンジンに登録する仕組みが完成!

これで、ウェブサイトの更新内容が検索エンジンに自動的に登録される仕組みが完成しました。

自動的にXMLサイトマップが更新され、その内容が検索エンジンに登録されます。

ただし、検索エンジンに正しく登録されるまでには時間がかかります。

短くても数日、長いときは数週間ほどかかる場合があるので注意して下さい。

 - ひとこと, ひとこと(ワードプレス)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です