株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

初心者向けレンタルサーバー6社を厳選して比較しました。

      2015/04/19

今回は初心者向けレンタルサーバーについて。

ドメインを取得したらレンタルサーバーも利用するはず。

ドメインを取り扱っている事業者と同じく、レンタルサーバーを提供している事業者もかなり多くて、どこにしたら良いか必ず迷います。

そこで、ゼロからの初心者が利用しても大丈夫なレンタルサーバーを厳選して、比較する事にしました。

レンタルサーバー選びの前提条件

誰でも無料で高性能で大容量で高稼働率で優秀サポートのレンタルサーバーを使いたいと思います。

でも、そんな理想的なレンタルサーバーはありません

どんなレンタルサーバーでも利点と欠点があります。

そこで、「ワードプレスが利用できて」「利用料金はワンコイン=月額500円以下」という最低限の2つの条件を設定して、レンタルサーバーを厳選する事にしました。

その中から、ドメイン取得会社の場合と同様に、さらに重要な3つの視点から調査して、6社を厳選しました。

1つめの視点、上場企業が運営

まずは「信頼」という面から。

レンタルサーバーを運営している事業者が上場企業かどうかで選びました。

運営会社が簡単に倒産してもらっては困りますよね。

株式会社が証券取引所に上場するためには、ある程度組織がしっかりしていて、法律を守り、利益を出し、定期的に決められた形で業績を報告できる状態で、審査を受ける必要があります。

上場するまでに厳しい試練を受けるので、非上場企業よりも倒産しにくいはず。

また、多くの株主によって監視されるので、非上場企業よりずっと信頼があると言えます。

GMOクラウド株式会社(証券コード:3788)の子会社が提供している

さくらインターネット株式会社(証券コード:3778)が提供している

GMOペパボ株式会社(証券コード:3633)が提供している

2つめの視点、ドメイン名との連携

ドメイン名との連携を考えた場合、お得になる事業者を選びました。

ネットオウル株式会社が提供している

GMOデジロック株式会社が提供している

3つめの視点、お試し期間

レンタルサーバーは実際に使ってみないと、使い勝手や処理速度は分かりません。

契約する前に無料でお試し可能なレンタルサーバーで、私が試して良いと感じたレンタルサーバーを選びました。

株式会社ハイパーボックスが提供している

(さくらインターネット、ミニバード、ロリポップ!も無料でお試し可能です)

選んだ6社を比較しました

この6社を比較して、固定ページを作成しました。

レンタルサーバー提供会社8社の比較ページはこちら

参考になれば嬉しいです。

 - ひとこと, ひとこと(レンタルサーバ)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です