株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

自動でリンク切れをチェック!プラグインBrokenLinkCheckerはSEOにも有効。

      2015/04/19

今回はワードプレス文書内に入れたリンクが有効かどうか自動的にチェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」を紹介します。

リンクが切れるとどうなるのか

文書を作成した時点ではリンクは有効なはず。

でも時間が経過すると、リンク先のURLが変更になったりページが削除されたりして、リンクをクリックしても希望のページへジャンプできなくなります。

せっかくウェブサイトを見に来てくれている方々に迷惑ですし、グーグル様などの検索エンジン対策(SEO)にも良くありません。

と言っても、全てのページを人間の目でチェックすることは難しい。

そこで、「Broken Link Checker」が必要になります。

Broken Link Checkerの概要

無料で利用できるプラグイン。

全ての文書とコメント内のリンクを定期的にチェックしてくれます。

リンク切れを発見すると、ワードプレスの管理メニューから設定→一般のメールアドレスに対して、メールを送ってくれるので、すぐに気がつくことができるのです。

設定も簡単ですし、インストールしておいて損になる事は何もないので、必須プラグインの一つだと思っています。

Broken Link Checkerプラグインをインストール

いつも通り、ワードプレスの管理メニューから「プラグイン」をクリックして「新規追加」ボタンを押します。
NewPlugin

プラグインを追加画面が表示されます。
BrokenLink01
「Broken Link Checker」と入力して、「ENTER」キーを押します。

画面に「Broken Link Checker」プラグインが表示されます。
BrokenLink02
「いますぐインストール」ボタンを押します。

確認メッセージが表示されるので「OK」

プラグインがインストールされます。
BrokenLink03
「プラグインを有効化」をクリック。

プラグイン一覧画面になり、画面上部にプラグインを有効化したというメッセージが表示されます。
BrokenLink04
これでインストールは完了です。
引き続き簡単な設定をするので、「設定」をクリック。

Broken Link Checkerプラグインの設定

設定画面が表示されます。
BrokenLink05
「検索エンジンがリンクエラーを...」にチェックを付けて、「変更を保存」ボタンを押します。

それ以外も色々と設定できるのですが、標準設定で特に問題ありません。

Broken Link Checkerプラグインの使い方

リンクエラーがあればメールが送られてきますが、この設定画面ですぐにエラーを見ることができます。

画面上部の「リンクエラーを見る」をクリックします。

リンクエラーの一覧画面が表示されます。
BrokenLink06
リンクエラーがあれば、分かりやすく表示されます。

リンクエラーに対しては、リンクが入っている文書を編集しなくても、この画面から直接、エラーになっているリンクを修正したり、リンクを解除したりできます。

まとめ

無料で使えて、設定は簡単。

なのに、効果は大きいプラグインです。

リンク切れはリンク先の問題であることが多いので、どんな種類のウェブサイトでも、誰が作った文書でも発生します。

必須プラグインの一つですので、ぜひ活用して下さい。

 - ひとこと, ひとこと(ワードプレス)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です