株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

大型コンピュータ/サーバルームに機器を設置する際の注意点は?

      2014/08/27

回答の概要

  • 部屋の設備的な面では、床の強度、電源、空調、耐火、機密性などに注意しましょう。
  • レイアウトの面では、扉の位置、間隔、余裕、避難経路などを考慮しましょう。
  • 地震への対策、入り口の高さの確認なども必要です。

回答

大型コンピュータやサーバを搭載するためのラックなどの機器を、専用の部屋に設置する際の注意点についての質問です。

まず、部屋の設備面で注意すべき点です。

1.床の強度

一般的なコンピュータ専用室だとフリーアクセスになっていることが多いと思います。

最近のフリーアクセスの床は結構堅いので大丈夫だと思いますが、古いフリーアクセスだと強度が弱い場合があります。

また、フリーアクセスでない場合でも、建物自体の床が弱い場合もあります。

私の経験だと、1平方メートルあたり500kgぐらいまで耐えられるはず。

建物や床の種類によって異なりますので、個別に調査してください。

特に大型ラックにUPSなどの重い機器を多数搭載する構成は注意が必要です。

構成を見直したり、中型ラックに変更した方がいいでしょう。

2.電源

コンピュータ専用室なのに意外にも電源が弱い場合があります。

全ての消費電源容量を計算して、大本のブレーカ容量を超えないようにしてください。

また、一つの電源から多数の機器の電源を取ると、個別のブレーカが落ちます。

つまり、複数のコンセントに分散して、かつ、総容量が元の電源容量を超えないようにしてください。

ラック1台に1つの専用コンセントを用意できれば理想的です。

3.空調

コンピュータ専用室に空調は必須。

コンピュータは熱に弱いですから。

大型ラックを空調機の前に設置すると、風が遮られてしまうため、室内の温度を一定に保つことが難しくなります。

また、電源と同様に空調の熱量(カロリー/ジュール)を計算して、機器の総熱量が空調機の熱量を超えないようにしてください。

あと、空調機の前で人が作業しなければならないという構成にはしないでください。

風で体をやられます。

4.耐火

万一の火災に対する備えも必要です。

少なくとも消化器は設置して下さい。

コンピュータ機器に水や消火剤をかけてしまうと使い物にならなくなってしまうため、非常に高価ですが、不燃性ガスを使った消火設備を用意することができれば文句なしです。

5.セキュリティ

重要な機器を設置するのですから、セキュリティの確保は必須です。

ICカード等を使った入退室管理はもちろんですが、ラックには常時鍵をかけておき、不用意に機器にふれることのないようにすべきでしょう。

さらに、カメラなどを設置して、その画像を監視または保存できるようにすると、よりセキュリティが高くなります。

 

次に、レイアウト(配置)について注意すべき点です。

6.ラック

ラックの扉を開けた状態でも人が1人通過できるぐらいに、ラックの前後は間隔を空けます。

ラックの左右は並べて設置しても問題ありません。

また、コンピュータ室にみっしりと隙間なく機器を配置してはいけません。

将来的にレイアウト変更しようとした時に、余裕がないと移動できなくなります。

部屋の中にはラック1~2つ分ぐらいは余裕を取りましょう。

7.ネットワーク機器

ルータなどのネットワーク機器は、コンピュータ室から外へLANケーブルが出て行く場所の近くに設置すると配線が楽になります。

8.扉の位置

分電盤やMDFなどの扉がラックや機器にぶつからないように設置してください。

ハードディスクは振動に弱いですから。

どうしてもぶつかる場合は、張り紙をして注意を促したり、扉にクッション材を取り付けたりして、万一ぶつかった時に機器にできる限り振動を与えないようにします。

9.避難通路

コンピュータ室からの出入り口に機器を設置する人はいないと思いますが、もし避難通路(扉)などもある場合、その付近に機器を設置しないように注意してください。

消防署の査察が入ると注意を受けます。

 

最後に、その他、注意すべき点です。

10.出入り口の高さ

コンピュータ室へ大型ラックを設置する場合、まず出入り口の高さを確認してください。

大型ラックをコンピュータ室内へ搬入する時に、出入り口が低いと搬入作業が非常に大変です。

私が勤務している会社では、搬入や耐震が大変なので中型ラックを使っています。

11.耐震

大型ラックなどを設置する場合、地震対策は必須です。

地震が来たときに、倒れてきたラックにつぶされるのは嫌ですよね。

複数のラックを繋げて倒れにくくしたり、壁や床にアンカーを打って固定したりします。

高価ですが、最近はベアリングで制震できる機器もあるそうです。

中型ラック程度なら、足を出して固定して、ヒレを前後に取り付ければ十分だと思います。

 

これらの対策を全てを実施しようとすると、お金も時間もかかります。

費用対効果を考えて、何を優先的に実施するのかを検討してください。

 - ひとこと, ひとこと(情報化)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です