株式会社シスアナコム

情報システムに関することなら、どんなことでも適切に助言いたします!

この投稿は1年以上前に公開されました。
現在では状況や内容が変わっている可能性があります。
ご注意下さい。m(_ _)m

STINGER5の最新バージョン適用方法と少しカスタマイズ。

   

STINGER5の公式サイトに新しいバージョンがアップロードされていましたので、適用しました。

先日、エックスドメインの無料ワードプレスサーバで弊社のテストサイトを作成しましたので、こちらで動作確認を行ってから本サイトに適用しました。

やはり、テストサーバがあると安心です。

STINGER5の新バージョンの適用方法について

STINGER5の新バージョンを適用する方法ですが、子テーマを作っていればとても簡単。

もしSTINGER5を使っているのに、子テーマを作ってないのなら、子テーマの作成を強くお勧めします。

STINGER5はまだバージョンアップが続いていますので、カスタマイズを行っているのであれば、子テーマを作って少しでもバージョンアップの手間を減らしましょう。

子テーマの作成については、こちらを参考にして下さい。

まずはSTINGER5の公式サイトのダウンロードページから最新バージョンをダウンロード。

適当なローカルフォルダに保存しておきます。

ワードプレスの管理メニューから外観→テーマで、画面上部の「新規追加」→「テーマのアップロード」を押してテーマを追加する画面を表示。

保存しておいたファイルを参照して「いますぐインストール」ボタンを押します。

ここで、「有効化」を押してはダメ!

「テーマのページに戻る」を押して、「stinger5verYYYYMMDD」という最新バージョンが表示されていることを確認します。

ワードプレスの管理メニューから外観→テーマ編集で子テーマのスタイルシートを表示させて、以下の2行を修正します。

@charset "UTF-8";

/*
Theme Name:  Stinger 5 Child Theme
Template:  stinger5ver20141011
*/

@import url('../stinger5ver20141011/style.css');

最新バージョンの年月日に修正して、「ファイルを更新」ボタンで更新します。

ここまでで準備完了。

この時点では、まだ最新バージョンには切り替わっていません!

日本語URLを使うための対応

本サイトではURLに日本語を使っています。

特に意味はありません。

最初にワードプレスを始めたときは、twentythirteenというテーマを使っていて、何も考えないでそうしていたからです。

日本語URLを利用するために、親テーマのfunctions.phpを編集して短縮URLへ変換するプログラムを削除します。

また、すでに子テーマのfunctions.phpに短縮URLへ変換するプログラムを使っていた場合は削除します。

テーマの切替について

あとは、テーマの切替を実施すれば良いのですが、実はあまりスマートな方法を知りません。

ワードプレスの管理メニューから外観→テーマで別のテーマを一度有効化してから、すぐにSTINGER5の子テーマを有効化しています。

これで最新バージョンへの切替が完了しました。

画面表示を確認して問題なければ、古いバージョンのテーマは削除しても問題ありません。

追加のカスタマイズを少しだけ

あと、追加のカスタマイズを少しだけ実施しました。

修正はスタイルシート(style.css)のみ。

/* PC画面余白の調整 */
@media only screen and (min-width: 780px) {
#wrapper {
	padding: 0 20px;
}
}

/* 表の罫線 */
.post table {
	border: 1px #ddd solid;
}

パソコンで表示させたときの左右の余白を少し狭くしたのと、表を挿入したときに上と右にだけ罫線が入っていたのを全体に罫線が入るように変更しています。

 - ひとこと, ひとこと(ワードプレス)

↓ブログランキングに参加しています!


ネット・PC(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
にほんブログ村

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です